Google+

ブログ

カテゴリーアーカイブ

2015.06.06

弁護士費用保険(弁護士費用特約)が付いていた場合、弁護士を付ける流れはどのようなものか?

被害者の方の保険に、弁護士費用保険が付いていた場合、弁護士を付ける流れはどのようなものでしょうか?


【まずは弁護士探し】

まずは弁護士探しです。ご知人からの紹介、インターネットで検索など、探し方は色々です(もし迷っている方がおられたらぜひ山本・竹川法律事務所まで!)





【次にご自身の保険に電話確認】

次に、ご自身が加入していておられる保険会社に、今回の交通事故で弁護士費用保険が使えるか、お電話でご確認下さい。どこの弁護士を、いつから、いくらで付ける予定かなど、細かい話まではまだされなくても大丈夫。今回の交通事故で弁護士費用保険が使えるかどうか、それだけをご確認いただければ足ります。




【弁護士に法律相談の予約を入れる】

最後に、希望の弁護士に法律相談の予約を入れればOKです。




弁護士のタイプや地域によっては、上記の流れ以外にややこしい段取りを指定される場合もあるかもしれませんが、少なくとも山本・竹川法律事務所の場合は、上記の流れで大丈夫です。色々な保険会社さんがありますが、今回ご紹介した流れでトラブルになったことはありません。

なお、弁護士費用保険は、弁護士費用特約、弁護士費用担保特約、弁護士費用補償保険など、色んなネーミングがありますが、ここではほぼ同じと思っていただいて結構です。

2015.06.05

ゲームでわかる弁護士費用保険

大阪弁護士会のホームページで

ゲームでわかる 弁護士費用保険

が紹介されています。一見するといかがわしいゲームのようですが、さすがに中身はまじめなものになっています。

弁護士費用保険とは、ざっくりいえば、交通事故の被害者の方が、加害者側の保険会社との示談交渉や裁判に際して自分の弁護士を付けた場合に、保険会社が代わって弁護士費用を支払ってくれて、したがって原則として被害者の方は弁護士費用を支払わなくてすむ、という保険商品です。


この弁護士費用保険が付いているおかげで、被害者の方は弁護士費用の心配をせずに弁護士をつけることができ、実際の交通事故実務においても、弁護士費用保険のおかげで気軽に弁護士を付けることができるようになったと感じます。


保険のオプション・特約として付けられることが多いせいか、被害者の方の中には、ご自身の保険に弁護士費用保険が付いていると知らない方もおられます。色々とご心配ごとがある交通事故被害者の方は、一度ご自身の保険に弁護士費用保険が付いているかどうか、お電話でご確認されてみてはいかがでしょうか。

ブログ内検索

カレンダー

«1月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

フィード

山本・竹川法律事務所

弁護士 山本  明生

弁護士 竹川   聡

お電話お待ちしています。
☎06(4706)2345

大阪市中央区北浜2丁目1番3号北浜清友会館ビルディング。北浜駅から徒歩1分、淀屋橋駅から徒歩7分。大阪弁護士会所属。

当事務所HP http://ytlo.jp/